ねじ(ボルト|ナット)・ばね(スプリング)の業界新聞。
金属産業新聞社

文字サイズの変更
ウェブ サイト内

ねじニュース

ねじ > ねじメーカー団体
ねじニュースのフィード

ねじ協「日独交流会合」の実現へ、今秋に関係者が訪独

標準化と教育でで関係強化を

(一社)日本ねじ工業協会(椿省一郎会長=互省製作所)が3月14日に開催した理事会及び執行役員会(機械振興会館)によると、業界の「日独交流会合」を実現するために、今年秋にねじ協幹部が訪独して、ドイツねじ協会(DSV)と意見交換することが決定した。

独側からは、今後交流していくテーマとして(1)標準化プロジェクト(2)研究開発(3)洗練された冷間成形品(ねじ、ボルトに限らず)(4)新材料の開発や超高強度ファスナー(14・9以上)(5)電動車両、燃料電池(6)ファスナー教育プログラム―の提案が出されており、ねじ協側としては現実的に標準化プロジェクトとファスナー教育プログラムの意見交換にテーマを絞って意見交換していきたい考えだ。

関連サイト
http://www.fij.or.jp/

2019/03/26 金属産業新聞

当サイトが配信する記事は、金属産業新聞社が発行する「金属産業新聞」に掲載された記事を抜粋し、内容を簡略化したものです。詳細な記事内容をお求めのお客様は、新聞の購読をおすすめいたします。