ねじ(ボルト|ナット)・ばね(スプリング)の業界新聞。
金属産業新聞社

文字サイズの変更
ウェブ サイト内

ねじニュース

ねじ > ねじメーカー
ねじニュースのフィード

ムラコシ精工、勿来工場の購買機能を強化してスリム化

国内生産をベースに海外展開

CNCターニングセンタなどが並ぶ切削工場棟

CNCターニングセンタなどが並ぶ切削工場棟

ムラコシ精工(東京都小金井市、村越雄介社長)は、自動車部品の主力拠点である勿来工場(福島県いわき市)の購買部門を強化することで、量産設備の特化と徹底した自動化により工場のスリム化を図る。

勿来工場は自動車部品を担うFC事業部の主力の生産拠点。数年前より取り組んでいるのは、同社と協力メーカーとの窓口機能を果たす購買部門の強化だ。大ロットの量産品や得意とする製品は自社で、小中ロットや自社で加工できない案件は積極的に協力メーカーに外注することで、人員と設備の両面でスリム化を図っている。

同じ規模の多くの部品メーカーが海外進出している中で、同社の基本方針は国内生産をベースにした海外展開だ。国内の自動車産業において高いシェアを誇るブレーキ部品のブリーダースクリューも、リスクヘッジのために一部を韓国工場(ムラコシアジア)で生産しているものの、生産効率化の追求や品質検査の自動化を徹底して大部分で国内生産を維持している。昨春には山梨工場でブリーダースクリュー専用のめっきライン(子会社のエム・エフ・ピー)も稼働して一貫生産体制をさらに強化した。

関連サイト
http://www.murakoshiseikou.com/

2017/01/02 金属産業新聞

当サイトが配信する記事は、金属産業新聞社が発行する「金属産業新聞」に掲載された記事を抜粋し、内容を簡略化したものです。詳細な記事内容をお求めのお客様は、新聞の購読をおすすめいたします。