ねじ(ボルト|ナット)・ばね(スプリング)の業界新聞。
金属産業新聞社

文字サイズの変更
ウェブ サイト内

最新ニュース

ねじ > ねじメーカー

成熟するタイ企業、人材「ローカライズ化」課題

要職も日本人からタイ人に

東南アジアで屈指のサプライチェーン環境が整備されて、生産拠点を構える多くのファスナー企業の進出からおよそ20年、30年が経過しているタイ。現地の日系メーカー各社は、日本人ではなく現地スタッフを営業などの要職に配置するなどの「ローカライズ化」が課題になっている。

東南アジア最大の自動車メーカー生産拠点であるタイは現在、国内販売、輸出ともに不振に陥っている。米中貿易摩擦を背景にした世界的な景気減速やバーツ高による輸出減、また国内の自動車ローン引き締め策による国内需要減が景況を悪化している要因と言われる。こうした中、日本と同様に人材の確保や育成に注目するファスナー企業は多い。

2019/11/29 金属産業新聞1面トップ

金属産業新聞社からのお知らせ

当サイトが配信する記事は、金属産業新聞社が発行する「金属産業新聞」に掲載された記事を抜粋し、内容を簡略化したものです。詳細な記事内容をお求めのお客様は、新聞の購読をおすすめいたします。